野球の監督業はとても大変

野球の監督業はとても大変な仕事であり、そこでチームが連敗すればその責任をしっかりと受け止める必要があり、色々と悩ませる事も多くなります。
特に自分が行っている訳ではなく、自分が起用した選手が活躍すれば当然それぞれ采配が当たった事となる為、当然監督もたたえられる所となります。
野球は9人で行うスポーツであり、そこでやはりしっかりとした形で指示を与えたり、作戦などで盗塁やヒットエンドランや送りバントと言った指示を1級毎に出していく事から、そこで作戦がずばり的中する事となれば、チャンスも拡大していく事として、やはりとても素晴らしい形で攻撃が行えます。
守備面でも投手交代のタイミングがとても難しい事となりますが、継投策などを使うタイミングで投手を交代させる部分で考えると、しっかりとそこでも監督としての技量が試される所となります。
野球はとても難しいスポーツであり、そう言った役割に応じた適材適所の起用が必要な状況となります。

野球の監督は何故ユニフォームを着ているのか?

野球に詳しい人ならばご存知の方も多いかもしれませんが、例えばサッカー好きの方からすれば違和感を覚えるのが、どうして野球の監督やコーチはみんなユニフォームを着ているのか?ということです。
サッカーなど、その他のスポーツはスーツかポロシャツなどのスポーツができそうな服装を着ていることが多いです。
ただ、野球は違います。
それは今も残っていますが、監督も選手だったからです。
選手をやりながらチームの指揮をしていた時期があったので、彼も選手である以上はプレーをする可能性があるわけですから、当然ユニフォームは着ておかないといけません。
今でもプレイングマネージャーといって、両方を兼ねているケースもあり、もちろんユニフォームを着て、指揮をとりながら、選手として試合に出ることもあります。
だから、昔の名残によって、監督と選手が多くの場合で分業されている現代でも、ユニフォームを着て、チームを引っ張っている存在なのです。

注目サイト

京都 税理士
http://kyotoshimogamo.q-tax.jp/

2017/5/11 更新