反復と継続が大切な野球のトレーニング

野球のトレーニングは、反復と継続することがとても大切です。
打撃の場合は素振り、守備の場合は打球を受けてから送球までの動作、走塁はベースを一周すること、投球は投げ込みなどです。
どのようなプロも、これらを1つ1つ積み重ねてきたことによって、高い技術を身に付けられています。
また、一時的にたくさん行ったとしても、その後トレーニングの回数が減ってしまったり、取り組むことが無くなったりしてしまうと、技術が鈍ってしまうことがあります。
技術が鈍ることを防ぎ、向上させるためは、反復と継続が必要です。
また、反復と継続を行うのは、どのような野球の練習でも問題ありません。
しかし、調子が悪いと感じている時、バランスが悪い気がする際などは、基本的な練習の反復と継続の実践が重要です。
応用の技術を身に付けるには、基本がしっかりと身に付いていることが前提です。
また、毎回基本的なトレーニングから取り組むことで、スムーズに応用に移ることができます。

野球が上手くなりたいなら自宅でのセルフトレーニングが重要

野球が上手くなりたいなら、自宅でのトレーニングも重要です。
野球はグラウンドでするものですが、自宅ででもかなりの分野に渡ってトレーニングができます。
たとえばピッチャーなら、タオルを使ってシャドーピッチングをすることができるでしょう。
ボールを握っていなくても、フォームの確認ができ、それをまたグラウンドでの実践に活かせます。
バッターなら、バット一本あればどこででも素振りができます。
素振りを繰り返すことはバッティング上達の基本で、バットスピードのアップに繋がります。
強い打球を遠くまで飛ばしたいなら、むしろこういった時間を大事にするのがいいかもしれません。
プロでも素振りは必死になってやることです。
また、他にも筋力アップのトレーニングやランニングなど、自分一人でできることは山のようにあります。
何もグラウンドだけでする練習がすべてではないと知っておきましょう。
このように、野球は練習方法を自分で工夫することのできるスポーツです。

check

サッカー等のユニフォーム専門店

最終更新日:2017/6/16